• トップ /
  • 介護保険によるサービスの特徴

介護サービスの特徴

介護保険によるサービスの特徴

介護保険サービスの種類と特徴

介護保険は65歳以上の高齢者、もしくは40歳から64歳までの特定疾患を持つ患者が、要介護もしくは要支援の認定を受けた後に、はじめてそのサービスを利用できます。適用されるサービスには大きく分けて居宅型、施設型、地域密着型の3種類があり、1割の自己負担で受けることが可能です。 居宅型は、要介護・要支援者が自宅に住んだまま提供を受ける事が可能です。主な内容としては訪問型、通所型、短期入所型などがあります。訪問型は看護師が栄養指導やケアを行う訪問看護や、理学療法士や言語聴覚士、作業療法士が身体機能訓練や生活動作訓練を行う訪問リハビリテーションがあります。通所型では利用者の自宅まで送迎車が迎えに行き、数時間単位にて、施設で食事や入浴などの生活ケアやリハビリテーションを提供されるのが特徴となります。短期入所型では、数日単位での生活ケアを行います。 施設型では特別養護老人ホームや介護老人保健施設といった長期療養型のサービスが中心にとなります。入所された利用者に対して、食事や排せつ、清潔といった日常ケアの他、身体機能訓練や生活動作訓練といったリハビリテーションが提供されるのが特徴となります。 地域密着型では訪問・通所型や認知症対応型などがあり、利用者の生活能力に合わせ買い物や掃除などの生活支援や食事や排せつなどの介護、リハビリテーションが提供されるのが特徴となります。

介護の基本情報

↑PAGE TOP