• トップ

介護サービスの種類

入所サービスを提供する介護施設

介護施設の種類と概要

入所サービスを提供している介護施設にはたくさんの種類があります。利用を検討する際にどの施設を選べばいいのか悩んだ経験がある人も多いでしょう。施設には介護保険制度が利用できる施設と民間が運営する有料老人ホームがあります。それぞれの施設の概要について説明します。介護保険施設には老人保健施設と老人福祉施設があります。老人保健施設は医療と介護の中間施設といわれており、入所しながら生活リハビリテーションを行う施設です。介助量の減少を当面の目的とし、最終的には在宅復帰や他の施設への入所を目標とします。ずっと入所できる施設ではなく、数ヶ月から数年で退所するのが一般的です。老人福祉施設は日常生活に常に見守りや介助が必要な高齢者が入所する施設です。生活するための施設のため、入所期間に制限はありません。しかし、病気になり医療が必要になった場合には施設では対応できないため、退所することが必要になります。他にも介護療養型医療施設がありますが、今後は縮小していくことが決まっており、医療面に特化した老人保健施設が増えることが計画されています。有料老人ホームは民間が運営する入所サービスです。施設によって導入されている設備の種類や受けられるサービスの種類、入所条件などが大きく異なるのが特徴です。自分が負担できる予算や希望に応じて施設を選ぶことが出来るのが大きな特徴です。

介護の基本情報

新着情報

↑PAGE TOP